日本の有力店が選ぶ最もクリエイティブなデザイナーランキング 「マメ」黒河内真衣子が1位

2021/09/08 06:30 更新有料会員限定


Medium %e9%bb%92%e6%b2%b3%e5%86%85%e7%9c%9f%e8%a1%a3%e5%ad%90

 日本の有力セレクトショップのバイヤーや百貨店のディレクターが選ぶ「今の時代を引っ張る最もクリエイティブなデザイナーランキング」は、日本のレディス部門のトップが入れ替わった。10年以上、ずば抜けた評価でほかをしのいできた「サカイ」の阿部千登勢に代わり、「マメ・クロゴウチ」の黒河内真衣子が1位になった。国内のメンズ部門は「サカイマン」の阿部が改めてトップに、海外はレディス、メンズともに、引き続き「ジル・サンダー」が1位となった。

(青木規子)

 コロナ禍以降、バイヤーは海外出張して現地で商品を発注できなくなった。そこで課題になったのが、売り場に新しい空気を取り入れるためのブランド探しだ。それが日本のデザイナーブランドが新たな視点で注目されるきっかけになった。インポーターが扱う海外ブランドは発注できるものの、海外ブランドに割いていた多くの予算を日本のデザイナーブランドに割り振ることができるようになり、この1年で日本ブランドが注目されるようになった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop