「コート」秋冬 マスキュリン×フェミニンで新しさ

2020/05/28 06:27 更新


Medium 20200321 coate14

 レディスブランド「コート」(福屋千春)の20~21年秋冬コレクションは、他のブランドにない自分の強みを掘り下げた。20年春夏に、初めてテーマを設けず〝リセット〟して、自分らしくて今にふさわしいリアリティーの進化の表現に取り組んだ。今回もその追求だ。

 掘り下げて改めて大事にしたのがプロダクト。素材の持つ力を生かして作る新しさが、このブランドの魅力の一つで、それが大人の女性に支持される大きな理由にもなっている。「うそをつけない部分、気分だけじゃないものがますます大事になる」と福屋。

 いかに〝今〟であるかのさじ加減を考え、形にした。全体としてマスキュリンとフェミニンを、素材、アイテムでミックスさせている。ギャザーの袖山を肩からぐっと落として袖付けしたブラウスは、高密度に織ったフラットなコットン。体に沿わないデザインで女性らしさを出す。アシンメトリーに膨らむマーメイドスカートを合わせて見せていて、たくさんの人に着てもらえるよう意識したという。布の流れ、切り替えなど福屋ならではのひねりも利いている。

 バイヤーに好評で中でも目を引くのは、胸にバンドゥーブラの形をはめ込んだドレス。身頃はストレートシルエットだが伸縮性のあるリブなので、着てみたいと思わせる。同じ素材で、肩幅の広いハイネックトップと細いパンツの、グラムロックの雰囲気のセットアップもある。

 ほかにフランス綾の裏起毛パーカ、中わたをぎっしり詰め込んだフェイクレザーのキルティングジャケット、きりっとシンプルなノーカラーコート、スペシャルなウールチェックのワイドパンツなど、組み合わせのイメージが広がるラインナップだ。

ブラの形をはめ込んだドレス

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop