ブルックスブラザーズ 表参道に新店をオープン

2020/09/11 11:00 更新


Medium %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9 %e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%ba %e8%a1%a8%e5%8f%82%e9%81%93

 ブルックスブラザーズは8月末に41年の歴史を持つ日本1号店である青山店をクローズしたが、このほど表参道に新店舗をオープンした。伝統的で重厚感のある青山店のイメージを一新した新店は、全面ガラス張りの外観がモダンな印象の「ブルックスブラザーズ表参道」。3層構造で、地下1階にメンズドレス、1階にウィメンズ、2階にメンズカジュアルという売り場構成となる。売り場面積は332平方メートル。

【関連記事】米ブルックスブラザーズの破綻 日本法人への影響なし

 メンズドレスフロアは階段を下りて、独立したエントランスから来店ができる、まるで大人の隠れ家のような空間だ。ゆっくりとパーソナルオーダーをすることができるエリアもある。ウィメンズフロアは、クリエイティブディレクターのザック・ポーゼンが作り出す上品で華やかな商品を揃える。スーツやシャツなどビジネスに対応したアイテムから、日常のシーンに対応したアイテムまで幅広く揃える。メンズカジュアルフロアは、バリエーション豊富なアメリカンクラシックなアイテムを集積した。

大人の隠れ家のような空間

 9月29日までは「シャツラボ」をテーマにした特設スペースが登場する。スローガンや座右の銘、名前や記念日など、顧客の要望に合わせたメッセージを刺繍し、シャツのカスタマイズを気軽に体験できる。4種類のフォントと、8色の糸、襟やボディなど7箇所の刺繍位置から選択し、最大28文字のメッセージを刺繍することができる。

 また、限定品として日本上陸40周年のランウェーでも登場したベースボールキャップが商品化された。大ぶりな「B.B.」のロゴのアメリカ製のキャップで、ネイビー地にオレンジのロゴが入ったキャップは表参道の限定商品となる。

ガラス張りのモダンなイメージの外観

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop