ボディーライン コスプレアパレルでインバウンド掴む

2019/07/05 06:26 更新


Medium %e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%96%e8%a6%b3

 ジェーシーインターナショナルトレードが運営する「ボディーライン」はコスプレアパレルのショップだ。自社で企画し、中国の工場と直接取引して生産する衣装や雑貨は、気軽に買える価格と商品、サイズのバリエーションが受け、ここ数年で海外向けの販売が、店頭、ECの双方で伸びている。海外向けの販売をさらに伸ばすため、中国出店や欧米、アジアへの情報発信を強化する考えだ。

(柏木均之)

常時3000品番を用意

 同社は03年の設立で、当初はチャイナドレスをECで販売していた。その後、ゴシック、ロリータ、パンクなどの衣装も企画・生産するようになり、04年にはボディーラインとして原宿竹下通りに出店。10~11年ごろからセーラー服やメイド服などコスプレ向けの商品も扱うようになった。現在は大阪にも店があるほか、自社サイトやモールでネット販売もしている。

 自社で商品を企画し、中国の縫製工場十数社と直接取引して生産している。素材や副資材も自社で調達しており、洗濯して繰り返し使用できる品質を備えながら、価格は1着3000~6000円と手頃だ。アパレルだけでなく、靴やウィッグ、ヘアアクセサリーなどの雑貨まで含めると常時3000品番程度の豊富な商品数も強みになっている。

 2年前に海外販売の拡大にも乗り出した。アパレルのサイズを7Lまで広げ、自社サイトやSNSで海外向けに情報発信を増やしたところ、ECで海外向けの販売が増え始めた。欧米向けではロリータ系の服が売れ、アジア向けではセーラー服やメイド服などコスプレ系の商品が人気という。

中国の工場と直接取引し、アパレルから雑貨まで豊富な商品を手頃な価格で提供している

上海にも出店

 ECだけでなく、竹下通りの店にも外国人客の来店が増えており、現在は来店客の半分以上がインバウンド(訪日外国人)という日もある。外国人旅行者が気軽に買い物できるよう、店頭で商品をチェックした後、QRコードを通じてネットで注文できるサービスも提供している。

 通常、コスプレアパレルはクリスマスやハロウィーンなどのイベントがある時期に販売が集中することが多いが、外国人需要を取り込んだことで、年間を通じて販売が安定するようになった。

 今後は、卸売りで販売している中国で7月、上海に店を出すほか、その他の外国市場に向けて情報を発信するため、日本のポップカルチャーを紹介する海外イベントへの参加も検討している。

店舗にはここ数年でインバウンドの来店が増えている

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop