ベティスミス 「ハローキティ」ジーンズを発売

2019/07/10 06:26 更新


Medium 190701%e3%83%99%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%82%b9 %e3%83%8f%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%86%e3%82%a3

 ジーンズカジュアルメーカーのベティスミス(岡山県倉敷市)は、キャラクタービジネスのサンリオ(東京)と「ハローキティ」でライセンス契約を結び、ハローキティを用いたデニム製品の販売を7月から始めた。ベティスミスが運営する、倉敷市児島の「ジーンズミュージアム・アンド・ヴィレッジ」と東京・渋谷の「ベティスミス恵比寿工房」の2カ所のジーンズ作り体験店舗で販売する。

【関連記事】ベティスミス ヤンマーと共同開発で作業エプロン

 ベティスミスのオリジナルジーンズに、ハローキティの顔とロゴマークを刻印したジーンズ専用トップボタン(2色、400円)、革パッチ(3色、1000円)を付ける。購入者はジーンズ作り体験として、ボタンの取り付けを専用の機械を使って自分で行う。レディスジーンズはストレッチデニムのストレートとスキニーの2型。価格は7000円、1万3000円。

ジーンズには、「ハローキティ」のトップボタンと革パッチを付けることができる

 オリジナルの雑貨ブランド「エコベティ」にもハローキティをあしらった。商品はトートバッグ、ランチトート、デニムポーチで、1500~4900円。ジーンズを生産するときに出る、余った生地を使う。

 「今年はハローキティ45周年。オリジナルジーンズの魅力を高めたい」(大島康弘社長)として契約した。

「ハローキティ・エコベティ」のランチトートバッグ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop