ビームスが宇宙滞在服 長期滞在を楽しく快適に

2019/10/03 11:00 更新


Medium %e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84  %e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9 %ef%bc%aa%ef%bc%a1%ef%bc%b8%ef%bc%a1

 ビームスは、宇宙飛行士の野口聡一さんが国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する際に着用する被服を製作した。

【関連記事】ビームス、シンガポールと北米で限定店 海外で接点を

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が示した機能要求を踏まえ、糸や生地の選定からデザインまでをビームスが担い、豊島の協力のもと製作した。宇宙飛行士がISSで着用する被服を民間企業が総合プロデュースするのは日本初の取り組みだ。

セパレートでも着られるフライトスーツ

 セパレートでも着られるフライトスーツや取り外しできるポケット付きのクライミング風パンツ、吸水速乾・抗菌防臭を備えた和紙原料の糸を使ったラガーシャツなどがある。ビームスが得意とするアメカジをベースに、最新の素材や加工技術を駆使し、ファスナーの向きやポケットの大きさなど細部にまでこだわって仕上げた。

 閉鎖空間のISS船内でも映える、オレンジやピンクを使った鮮やかなカラーリングも特徴だ。動きやすさや着心地、デザインについてJAXAとの話し合いを重ね、ISSでの任務を遂行しやすく、滞在時間を快適に楽しく過ごせることを追求した。

 ビームスでは製作過程を収録した動画を公開している。

素材はもちろん色にもこだわった

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop