青山商事 女性向けオーダースーツを新たに導入

2021/01/08 06:26 更新


Medium %e9%9d%92%e5%b1%b1%e5%95%86%e4%ba%8b %e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%90%91%e3%81%91%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84 %e6%8e%a5%e5%ae%a2%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 青山商事はオーダースーツブランド「クオリティオーダー・シタテ」で女性向けオーダースーツを新たに導入する。「洋服の青山」の都市部を中心とした21店と「ザ・スーツカンパニー」全48店(1月7日現在)で、1月13日から店舗受注を開始する。同社が女性向けオーダースーツを販売するのは今回が初めてとなる。また、洋服の青山の導入店舗は順次拡大する。

【関連記事】青山商事 「デジタル・ラボ」拡大 ネットとリアルのメリット融合

 今回導入する女性向けオーダースーツは〝わがままを、仕立てる〟をテーマに、アイテムの組み合わせパターンにこだわり、生地・型(モデル)や店頭の既製品を自在に組み合わせて注文できるようにするなど、仕事着選びに女性ファッションならではの楽しさと充実感を提供する。ジャケット・ボトムの型は洋服の青山とザ・スーツカンパニー両業態で人気の高いものを採用し、ジャケットはスーツスタイルとして定番の「テーラード」と胸元をすっきり見せる「ノーカラー」の計2種類、ボトムはパンツでセミフレア・テーパードの2種類とスカートでタイト・フレアの2種類の計4種類を用意した。

 生地は定番からトレンドまで常時50種類以上を揃える。このうち約20種類は女性向けオーダースーツのための専用生地で、軽やかな印象の合繊や明るく柔らかいライトベージュなど、女性に人気の生地やカラーも扱う。また、ジャケットとボトムは上下で別の生地を組み合わせて注文することができる他、上下それぞれで単品注文にも対応する。

 サイズは1~25号までの13種類で、店頭の既製品ではサイズやフィット感に満足できない客などにも幅広く対応していく。オプションは裏地素材・ボタンの種類はもちろん、女性から要望の多い自宅で洗える「ウォッシャブル加工」(一部生地)も用意するなど、ジャケット・パンツのそれぞれに多彩なオプションがある。

 スーツ上下で2万9000~5万9000円。納期は最短14日間。2回目以降はネット注文も可能(2月から導入予定)。

〝わがままを、仕立てる〟をテーマに仕事着選びをもっと楽しくするオーダースーツ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop