アンドゥアメット エシカルテーマ企画の第2弾 アフリカブランドを集積

2020/07/14 06:27 更新会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2020 07 13t174144.815

 エチオピアで高級レザーバッグを作るアンドゥアメット(東京、鮫島弘子代表)は、ウィズコロナ時代の〝ニューノーマル〟として提唱するエシカル(倫理的な)をテーマにした企画の第2弾を東京・神宮前の直営店で開催している。第2弾のテーマは「アフリカ」。12のアフリカブランドから200を超える洋服や服飾雑貨、生活雑貨、コスメ、アートなどを集積し、販売している。8月23日まで。期間中にはアフリカ出身者や在住者によるオンライントークセッションも予定している。

(壁田知佳子)

【関連記事】アンドゥ・アメット 直営店で「エシカル・マーケット」

■服、雑貨

 「ヤヤバンソ」(カメルーン)は、西アフリカの布「パーニュ」を使い、日本で生産するウェアと雑貨のブランド。パーニュを全面や部分使いしたウェアは、ポケットの配置やドレスのスリットなど使いやすさにも配慮している。写真のシャツドレス1万7000円。

ヤヤバンソ

 「ママアフリカ」(ケニア)はアフリカンテキスタイルを使って作るレディスや子供服、雑貨を通じてアフリカの文化や人の温かさを伝える。今回はドレス、日傘、ヘアバンドなどを販売している。写真のドレス7900円。

ママアフリカ

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop