アダストリア「ビジュリィ」 リアルな声集め企画改善

2019/03/26 06:29 更新


Medium %e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%82%a3%e6%9c%89%e6%a5%bd%e7%94%ba

 アダストリア初のレディスインナーブランド「ビジュリィ」は、アウターファッション企業のトレンド感覚やスピードを生かし、女性のリアルなニーズに合った商品企画を進めている。20日には初の実店舗を有楽町マルイにオープン。タッチポイントを増やし、ECとのシームレスな買い物環境を作る。

【関連記事】アダストリア「ビジュリィ」 有楽町マルイに1号店

 ビジュリィは快適でおしゃれなノンワイヤブラジャーを主力に、18年春にECからスタートした。最初の半年ほどは手探りだったが、ECとSNSのコメント分析、社内の女性へのアンケートや座談会を実施。特に座談会ではストレートな意見が多く出された。

 内田宗一郎インティメイト事業部/ビジュリィシニアマネジャーをはじめ、専業メーカー出身のプロが事業に携わっているが、「アダストリアの社員の声は一般ユーザーに近い。専業メーカー側の提案と、女性が欲しい物との乖離(かいり)を改めて感じた」。

 女性のリアルな意見を徹底的に企画に反映し、スピーディーに修正したことで18年秋以降は軌道に乗り始めた。例えば当初はよりナチュラルなフィット感の商品が中心だったが、やはりバストをきれいに見せたいという声も多い。そこで、厚みのあるモールドカップでワイヤ入りに近い見た目のノンワイヤ商品も強化した。

 背中の開いた服に合う華やかなバックデザインのタイプは、社内の女性から「わざわざ見せては着ない、見えても恥ずかしくない物が欲しい」と言われ、よりシンプルな商品を作った。商品は四つのラインで構成し、シーンや気分で選べるようにした。価格は変わらず2900円など。サイズはM、Lが基本だが、主力商品はMGとLGも加えた。

 有楽町マルイの店舗は下着屋っぽい甘い空間を避け、すっきりした内装にした。入店のハードルを下げ、周囲の店とも回遊しやすい。面積は46平方メートル。ちょっとした外出にも使えるリラックスウェアや、手ごろな価格の生活雑貨も扱う。カップルでの入店を想定し、メンズや兼用のインナーも一部提案する。今後も機会があれば出店を検討する。

 商品の改善もさらに進め、「ファッションインティメイトのブランドとして提案していきたい」考えだ。

有楽町マルイに1号店を出店し、タッチポイントを増やす

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop