23年春夏パリ・メンズコレクション それぞれのオリジンを発展

2022/06/30 06:28 更新


Medium 063010760
セリーヌ

 【パリ=小笠原拓郎】23年春夏パリ・メンズコレクションは終盤、ブランドのオリジンを背景にしたショーが続いた。クラシックなテーラードのエキセントリックな表現やユーモアを背景にした表現など、それぞれのブランドらしさが詰まったコレクションとなった。

【関連記事】23年春夏パリ・メンズコレクション さわやかできれいな色がいっぱい

 世界的なスターとなったBTSのメンバーが来場するといううわさが広がり、セリーヌのショー会場の周りは大群衆であふれかえっている。その間をかき分けてショー会場に到着すると、中もセレブ待ちのざわざわした空気に満ちている。やがて大歓声とともに、スターたちが到着、やっとのことでショーが始まる。

 久しぶりのフィジカルの発表となったセリーヌのメンズは、相変わらずのエディ・スリマンスタイル。ビジューチェーンを垂らしたジャケット、レザージャケットにジーンズ、シャツの前立てよりも細いブラックタイとブラックスーツ。モノトーンを軸にしたシャープなラインが揃う。アクセントになるのはシューズのヒール部分のギラギラとした輝き。白いスーツはブーツカットで、足元のビジューヒールをのぞかせる。シルバーキルティングブルゾンやゴールドのジャケットなど、モノトーンの中にスリマンらしいエキセントリックな光沢も加えていく。アニマル柄のスーツや星条旗をかたどったニットパーカも登場した。

セリーヌ
セリーヌ
セリーヌ

 久しぶりのセリーヌのフィジカルショーで感じたのは、同じデザイナーがデザインしているのにウィメンズとメンズでこんなにイメージが違うということだ。ウィメンズではスリマンのスタイルを早々とやめて、BCBGへとかじを切った。以降、いつもトラディショナルなパリジェンヌのイメージだ。しかし、メンズはずっとスリマンのスタイル。ロックやスケーター、グランジといったカルチャーを背景にしたモノトーンと光沢のイメージが続いている。彼のメンズスタイルを求める顧客がずっとビジネスを支えているのであろうか。サンローラン、ディオール、セリーヌとラグジュアリーブランドを渡り歩きながら、エディ・スリマンの世界でビジネスを継続できているならば、それはそれですごいことである。

 トム・ブラウンのショーが始まるとちょっとしたハプニングが起こった。ショーの冒頭に何人ものトム・ブラウン・ウーマンが遅刻してくるという演出。全員がばっちりと全身をトム・ブラウンで固めた、仕込みの遅刻騒動だ。そこからはいつものトム・ブラウンの世界。

 春夏はほぼ、ファンシーツイードだけに素材を絞り、さまざまな色でコートやジャケット、パンツやドレスといったアイテムを仕立てた。バッグやスリッポンもファンシーツイードでできている。立体的なファンシーツイードは上質でゴージャスな風合い。コートは短めの袖で、下に着たジャケットの袖をきっちりと見せる。そしてクラシックなファンシーツイードをエキセントリックに変えるのが超ヒップハングのパンツ。中に着たTバックのアンダーウェアとテープでつながっていて、パンツをあらわにするほどのヒップハングだ。クラシックなテーラーリングをエキセントリックに見せるトム・ブラウンらしいコレクションとなった。

トム・ブラウン

(写真=ブランド提供)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop