20年春夏パリ・メンズコレクション プリントとデコンストラクト

2019/06/21 06:29 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2019 06 20t165222.215

 【パリ=小笠原拓郎】20年春夏パリ・メンズコレクションは鮮やかなプリントとデコンストラクトなデザインが広がっている。アーティストと協業したプリント柄は今シーズンのトレンドの一つ。デコンストラクトは、もはや見慣れた感はあるのだが、新しいフォルムを描くのに避けては通れない手法ではある。問題はデコンストラクトを取り入れながら、どれだけ新鮮にみせられるかにある。

(写真=大原広和)

【関連記事】20年春夏パリ・メンズコレクション 作り込んだ解体服をミニマルに=タカヒロミヤシタザソロイスト

 ラフ・シモンズのコレクションといえば、パリ郊外の交通の不便なエリアで開催されるのが常となっている。今回はこれまでの会場の中で、最も遠いと思われるパリ郊外の大学の体育館で行われた。パープルのじゅうたんが敷かれた空間に、黒いガムテープをぐるぐる巻きにした椅子が無造作に置かれている。その椅子の間を縫うようにモデルたちが歩いてくる。

 膝丈にロールアップしたパンツとワークブーツを軸にしたスタイルで、トップはTシャツやチュニック、テーラードジャケットなど。膝の部分でシルエットをスパッと切り替えるのが今シーズンのラフのスタイルだ。

 チュニックやタブリエをパンツに重ねても、きっちり膝丈のシルエットでまとめられる。Tシャツはアブストラクトな柄がペイントされ、パンツに重ねたオーバーデニムパンツは裂けたディテールでレイヤードを楽しむ。

 スレーキのようなベージュのコートはまるで作りかけのサンプルのように胸元にスワッチがピンで留められている。アクセサリーはボディーバッグとファーの尻尾のパーツ。

 カルバン・クラインのディレクターを降りて、自身のラインだけを手掛けることになったラフ・シモンズ。もう一度、全く新しいスタイルを見せられるかどうか期待は高まっているのだが、今回はそこまではいかず。

ラフ・シモンズ

ラフ・シモンズ

 アンダーカバーは、黒を軸にしたテーラードスタイルを揃えた。これまでになくシャープで構築的なスーツスタイルは後ろ身頃が長いダブルブレストで、サイドにスリットのような切れ込みを入れたものもある。

 パッデッドのボリュームを入れたタイプやクモの巣のようなプリーツを入れたジャケットもある。テーラードスタイルを軸にしてもコンサバティブなラインにとどまらないのがアンダーカバーらしいところ。

 黒のテーラードスタイルには、人の影のようなアップリケがのせられ、ミステリアスなムードを加えていく。パッチワークによって変化するのはスーツだけではない。カーディガンやレザージャケットがシャツに影のようにパッチワークされて、まるで解体されたアイテムのように平面を彩る。

 デニムのセットアップやコートにも、古いモノクロ映画のようにノスタルジックな人の姿が浮かび上がった。

アンダーカバー

 ヴァレンティノは先シーズンに続いてプリントを軸にした。春夏はアーティストのロジャー・ディーンによる柄を様々なアイテムにのせた。幻想的な島の絵にドラゴンが飛ぶ森、幻想的な風景画を散りばめたスタイル。ボックスに近いシルエットのトップにクロップト丈の側章パンツ、素足にスニーカーというのがベースとなる。フリンジのジャケットやストリングス刺繍のGジャンなどのディテールも目立つ。

 コートのサイドやバックに深いプリーツを入れてカラーブロックのような配色を入れる。首にはサンゴのネックレス。ハンドクラフトの技術と、アーティスティックな柄の組み合わせは魅力的ではある。しかし、秋冬のアンダーカバーのグラフィックに続いて、同じような手法に感じられる。メゾンの持つテクニックを生かした新しいカットで、次のページをめくって欲しかった。

ヴァレンティノ
ヴァレンティノ

【続きは繊研新聞電子版で】


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop