20年春夏パリ・メンズコレクション 作り込んだ解体服をミニマルに=タカヒロミヤシタザソロイスト

2019/06/20 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2019 06 19t173657.649

 タカヒロミヤシタザソロイストは、デコンストラクトなラインをミニマルなムードの中に収めた。白いシャツは襟のパーツと袖のパーツ、ボディーのパーツがそれぞれ解体されたようなディテール。そこに白いジレが解体されて斜めに重ねられる。

【関連記事】20年春夏パリ・メンズコレクション 期待の若手が続々登場

 白いタイトなコンビネゾンはインサイドアウトのようなポケットディテール。足元にはグレーのゲートルのようなレッグパーツにポッコリとしたシューズ。解体、再構築されたシャツやジレなど、作り込みながらも色のトーンを抑えているせいかシンプルに見える。

タカヒロミヤシタザソロイスト

 白、黒、グレー、ミニマルな配色の中にスタッズのベルトがギラリと輝いて存在感を放つ。抽象画のように見えるタイポグラフィーのセットアップ、黒地に黒を影のようにアップリケしたジャケット、ミッキーマウスを思わせるシャドープリントのジャケットも。

タカヒロミヤシタザソロイスト

 フミト・ガンリュウは青空や夕暮れの雲、海や緑の木々のプリントをのせたアウターやシャツ、パンツを揃えた。ロマンティックなプリントとともに、ボリューム感を強調したアイテムを出している。

 大きなフードとマキシ丈のダッフルコート、タイパンツのような折り返しディテールのワイドパンツ、サイドシームに縫い代のような布を泳がせたトップ。量感のアイテムに、PVC(ポリ塩化ビニル)のブリムのストローハットがアクセントとなる。

フミト・ガンリュウ

【続きは繊研新聞電子版で】


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop