【池西美知子さんに聞く】2021年春夏テキスタイル

2020/02/04 06:27 更新有料会員限定


Medium %e6%b1%a0%e8%a5%bf%e6%a7%981 2  1

 「イマテリアリティー(immateriality)とマテリアリティー(materiality)」。国際素材見本市のプルミエール・ヴィジョン(PV)トレンド協議会日本代表の池西美知子さんは、21年春夏を象徴するテキスタイルをそう表現する。対極にあるようなキーワードだが、どちらも陰影や空気をまとわせる生地設計などで、見た目から触感を想像させる。薄く、平滑な生地が多くなる春夏に重宝するテクニックだ。

(橋口侑佳)

■重ねて奥行き

 サステイナビリティー(持続可能性)とクリエイションをどう確立するかが問われるなか、池西さんは「グローブ」をキーワードに挙げた。地球と「いろんなことを包括して、大きく捉えよう」という意味を込めている。「途中で息切れしないよう、もっと楽しく、創造性を持って取り組む」ことを意識したテーマの中で、「とらえどころのないもの」を指すイマテリアリティーと「実体感、実存的な」であるマテリアリティーの二軸が浮上した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop