「エックスガール」18年秋物 素材、色で独自性打ち出す

2018/08/24 06:27 更新


Medium %e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ab

 ビーズインターナショナルのレディスブランド「エックスガール」の18年秋物は、素材の風合いと派手な色味が特徴だ。エナメルやフェイクレザーなど光沢感のあるものや、異素材ミックスで独自性を出すものが多い。花柄にも注目だ。

【関連記事】ストリート系女子が増加中!服、雑誌ともに売れる

 エナメルのショート丈コーチジャケット(1万3000円)は、ウエストがゴム仕様のテーパードパンツ(1万1000円)、ハット(6000円)と共地。黒、赤、青の3色で、揃えて着るとインパクトがある。フェイクレザーでは、ジョガーパンツとフロントジッパーのノースリーブドレスを作った。黒、紫の2色。ナイロントラックジャケットの下半分を小花柄のワンピースにした甘辛ミックスの一着やバラの総柄刺繍を入れたオーバーオール(1万6000円)もパンチが利いている。

 協業商品も豊富で、「チャンピオン」とのスウェットや、韓国発「ノナゴン」とのダウンジャケットやTシャツなども揃う。

エナメルのジャケット、パンツのセットアップ(左)や異素材ミックスのトラックジャケットワンピース

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop