ワークマン、ウェブ注文専用品を本格販売 初年度40億円、5年後200億円へ

2022/01/27 06:28 更新会員限定


Medium %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3 %e4%b8%80%e4%ba%ba%e7%94%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88
6色展開で4900円のPBの一人用テントなど今春夏はキャンプ用品が中心

 ワークマンは2月22日から、ウェブ注文に特化した商品の本格販売を開始する。標準店の売り場面積は330平方メートルで、店頭で全ての製品を見せるには制約があるため、キャンプ用品など店頭で陳列しにくい大型の商品や、端サイズのウェアを中心に、ウェブ注文専用品として販売する。受注後に本部の倉庫から実店舗に出荷し、店舗で受け取る方式。初年度は、キャンプ用品で40億円、品揃えを広げ、5年後にはウェブ注文専用品で200億円規模の売り上げを目指す。

(河邑陽子)

【関連記事】ワークマン社長小濱英之氏「声のする方に進化続ける」 買い方の変化にも対応

 ウェブ注文専用品の主力となるキャンプ用品は今春夏、PBと一部OEM(相手先ブランドによる生産)で130品目を販売する。同社の既存客のキャンプ初心者を主対象に、耐久撥水(はっすい)加工などアウトドアウェアと同じ素材や、独自開発の高機能素材を使ったキャンプ用品を企画した。

関連キーワード会員限定デジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop