賢者の言葉3〜心がめきめきポジティブに〜

2017/07/15 04:45 更新


Medium 8f2994d048d3b739ef6f8e02c1fe51f3
今、販売現場がピンチです。本部と売り場のギャップは大きく、店長とスタッフの溝は埋まらない。皆さんもたくさんのストレスと日々戦っているはず。その解決の糸口は意外とあなたの中にあるかもしれません。セレクトショップなどの指導で現場を支援する方々が贈る、意識を変えてくれる言葉を紹介します。


日本人はすぐに「すいません」と言ってしまいます。売り場で仕事をする中で、「すいません」という言葉は間違いです。「ありがとう」に変える工夫をして、言うタイミングや機会を探してください。

自分が「ありがとう」という言葉でねぎらわれると、下に対してもそうした言葉を伝えていけるようになります。

褒めるのではなく、ねぎらう。

それだけで離職率は下がります。ポジティブな言葉掛けは、自分に関心を持ってくれている、ということが伝わり、心がけが変わるからです。少し話は違いますが、ある保険会社の調べで、朝「いってらっしゃい」、夜「おかえり」と言っただけで、10%事故が減ったというデータがあります。

そして、お客様に「ありがとうございました」と過去形にせず、「ありがとうございます」と現在形にしてください。

なぜなら、お客様のお見送りは次の接客の始まりだからです。たった数文字の違いですが、お客様、スタッフ双方とも心の持ちようが変化します。


Who are "賢者”?(本記事取材元)

■藤永幸一:有限会社レックス 代表取締役

株式会社鈴屋に入社し、各エリアの店長・マネージャーを経験。その後、本社に異動し、レディースの商品部長、事業本部長を歴任。2000年に有レッ クスを設立。小売りの現場に即したスタッフ育成、 組織マネジメントサポートを行う。

■兼重日奈子:有限会社ねぎらいカンパニー代表取締役

キャビンを経て、イトキン入社。エリアマネジャーからトレーナーとなり店長を育成。02年よりファッション・小売業に特化した教育コンサルティング企業、ワンスアラウンドで、講師としてアパレル企業での販売教育に携わる。06年にフリーとなり、奮闘する多くの販売員との交流。相手の労苦を思いやる「ねぎらいワーク」を研修に導入している。

■森下公雄:株式会社ソリッソ代表取締役

ファッションリテールコンサルタント。服屋の売上向上のため作戦を立て、店頭で実践するためのサポートを行う。MD立案、サービス目標作り、サービススタンダード(行動基準)作成、これらに基づく店長や販売スタッフ研修を行っている。

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop