ストレッチパンツ「ビースリー」のバリュープランニング 来春に3つの新規事業

2023/04/04 12:30 更新有料会員限定


顧客が戻ってきて増収になった「ビースリー」

 バリュープランニング(神戸市)は創業30周年の来年春、三つの新規事業を立ち上げて攻勢に出る。中期的には「ビースリー」などストレッチパンツの事業は安定成長とし、新規事業を大きく伸ばす。約200万人いる顧客のニーズをつかみ、衣以外の食や住関連で事業化する。そのため事業会社を六つ立ち上げている。

(古川富雄)

 同社は23年2月期を起点とする5カ年中期事業計画を進めている。最終年度の27年2月期は売上高200億円を目指す。このうち半分を新規事業で稼ぐ方針だ。今後売上高を伸ばすには、既存顧客のニーズに幅広く応えて新商品を開発する方がいいと判断している。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事