売り場観測・専門店メンズ9月 シャツ、羽織りアウターで残暑を乗り切る

2020/09/09 06:28 更新会員限定


Medium %e5%a3%b2%e3%82%8a%e5%a0%b4%e8%a6%b3%e6%b8%ac %e5%b0%82%e9%96%80%e5%ba%97%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba9%e6%9c%88 %e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%84 %e7%be%bd%e7%b9%94%e3%82%8a%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a7%e6%ae%8b%e6%9a%91%e3%82%92%e4%b9%97%e3%82%8a%e5%88%87%e3%82%8b

 6月の営業再開から続いていた夏物のセールは8月後半にようやく終わった。秋物も入荷しつつあるが、集客イベントも思うように打てず、営業時間の短縮も続いているため、客足が思うように伸びない。

 顧客向けにポイント2倍のイベントなどをシーズン立ち上がりから実施する動きがあるほか、仕入れブランド、オリジナルともに、一部商品に入荷の遅れが出ており、売り場をうまく切り替えられないショップも見られる。

 テレワークの増加に伴い、セットアップ商品をジャケットではなく、プルオーバーやカバーオールなどカジュアルトップと組み合わせる提案が増えているほか、ニットもウールではなく、コットンを使ってこの時期からの「即着需要」を狙う店もある。ただ、まだ残暑も続いており、今季の売れ筋もまだ見えない状況だ。

【関連記事】売り場観測・専門店メンズ8月 秋物見せつつ、メインはまだ盛夏物

ビームス原宿

◆アウターでパンチ利かせて

ブルゾン6万5000円、パンツ2万1000円、シューズ3万7000円「ニードルズ」、スウェットシャツ1万8000円「サスクワァッチファブリックス」

◆原点回帰のアメカジ

シャツ1万1000円、パンツ1万1000円「ビームス」、スニーカー1万2000円「コンバース」

《今月のアピール》

 客数が戻りきらず、売り上げも厳しいが、仕入れでは新入荷の「ニードルズ」など毎シーズン人気のブランドの秋の新作を売り場の前面でアピールする。オリジナルは、ゆったり着られるシャツやチノパンなどベーシックなアイテムを使ったコーディネートでマス層に訴求する。

シップス原宿店

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop