売り場観測・専門店メンズ6月 派手柄開襟シャツとショーツな気分

2021/06/15 06:30 更新有料会員限定


Medium fotojet%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc6

 月内に会員向けの優待セールが段階的にスタートする。夏物をプロパーで売る期間は短いが、Tシャツや開襟シャツなどこの時期に需要の高まる半袖トップを可能な限りプロパーで多く売りたい。Tシャツは前年に続き身頃がゆったりしたオーバーサイズ気味のタイプが良く売れている。開襟シャツは無地より柄物が良く、特にアニマル柄や和柄、アフリカンバティックなどかなり主張の強いモチーフや色合いのタイプをオーバーサイズで着るのが今季の気分のようだ。サンダルはストラップ付きのアドベンチャータイプに勢いがなく、つっかけて履くトングタイプの調子が良い。「ビルケンシュトック」などオーセンティックなブランドも各ショップがこぞって別注を仕掛けている。パンツはショーツやプレーンで丈の短いタイプより、カーゴなどミリタリーデザインのモデルに人気が集まっている。(価格は税込み)

【関連記事】売り場観測・専門店メンズ5月 セットアップのバリエーション

●ビームス原宿 

アニマル柄のクセありシャツ

シャツ1万8700円「スター・オブ・ハリウッド×ビームス」、ショーツ8800円「ビームス」、スニーカー1万3200円「コンバース」

刺繍がアクセント

スウェットシャツ2万6400円「TTT_MSW/ティー」、ショーツ9350円「ディッキーズ×ビームス」、サンダル2万900円「ビルケンシュトック×ビームス」

《今月のアピール》

 会員向けの優待セールが始まるまでに夏物の最終消化を図る。例年より派手で大きめサイズが売れるハワイアンシャツなど開襟シャツや「TTT_MSW/ティー」別注の花柄刺繍付きスウェットシャツ、オリジナルもルーズなシルエットのショーツなどに期待する。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop