《人手不足を乗り越える②》性的少数者も働きやすく

2023/11/15 10:59 更新有料会員限定


社内の希望者にレインボーグッズを配布し啓発を進める(三星毛糸)

 ダイバーシティー(多様性)・インクルージョン(包括性)経営は、企業にとって様々な効果が期待できる。離職防止につながるほか、メンバー同士のコミュニケーションも活発になりチームとしての機能が活性化し、個人や組織の生産性が向上する利点もある。

【関連記事】《人手不足を乗り越える①》繊維製造業が生き残るために

 LGBTQ(性的少数者)の人口割合は5~8%程度と言われており、社内の従業員、採用市場人口の5~8%程度の人にこれらの効果が期待できることは、企業にとって大きなメリットといえる。

 また、プライバシーを尊重する社内施策はLGBTQの人に限らず、様々な事情を抱える従業員も安心して働ける。社内研修などのリテラシー向上は、差別的な言動やハラスメントを防ぐ効果もあるだろう。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約いただくと続きを読むことができます。

すべての記事が読み放題の「繊研電子版」
単体プランならご契約当月末まで無料!

今すぐ登録する

今すぐ登録する

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事