中小、中堅ファッション企業 今春、相次ぎテレビCM ユーチューブと異なる層へ

2021/02/22 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab

 ファッション関連の中小・中堅企業が今春、初めてテレビCMに取り組むケースが増えている。SNSやユーチューブとは異なる層に広くアプローチし、知名度を上げることが主な目的だ。既に実施した企業では、公式サイトやSNSへのアクセス増加、売り上げ増などの効果が表れている。コロナ禍によるCM料の値下がりも新規参入の要因と見られる。

(古川富雄)

ツイッターで話題

 コロナ禍で、企業がテレビCMを停止、削減する動きが顕著だ。例えば、TBSの20年4~12月期のテレビ広告売上高は前年同期比18.9%減となるなど各局とも厳しい。関係者によると、コロナ禍でCM料は値下がりし、価格は同じでもイベントなど放送以外のサービスを付けるなどの傾向もあるという。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop