24年春夏トレンドチェック:立ち上がり 新作は進化系ベーシックから

2024/02/08 07:59 更新有料会員限定


「サカイ」24年春夏コレクション

 有力ショップに聞いた24年春夏の立ち上がり時期の動向は、春物の先買いと冬物の買い足しの両方が見られる。春らしい色柄や素材のアイテムが順調に動いている一方、今になって押し寄せた寒波の影響で冬アウターやセーターの消化が進んでいる。トレンドの傾向は依然として進化系ベーシックが強い。

(松本寧音)

【関連記事】24年春夏トレンドチェック:発注 継続トレンド「ボディープライズ」が1位

冬服盛り返す

 23~24年秋冬は暖冬の影響が大きく、アウターが苦戦したシーズンだった。アンケートでも「一部在庫が残ってしまった」との声があったほどだ。ここへ来て気温が一気に下がり、在庫の消化が進んだ。春夏の立ち上がりでは珍しく、「アウターの動きが良い」(阪急阪神百貨店)、「『プラダ』『クロエ』でアウターが継続して売れている。ダウン系を探している人も多い」(松屋)など、冬アウターに関する話が散見された。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事