トウキョウベース「ステュディオス」 ニッチ市場に勝機

2019/11/27 06:26 更新有料会員限定


Medium %e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a5%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%82%b9%e6%b8%8b%e8%b0%b7%e3%83%91%e3%83%ab%e3%82%b3%e5%ba%97  1

 トウキョウベースは来春から主力セレクト業態「ステュディオス」で、「グローバルニッチ戦略」を強め、来期以降の売り上げ倍増を目指す。「東京デザイナーモードという小さいマーケットをより深掘りし、とんがった存在になる」(谷正人社長)考えで、国内では20年春にドレスウェアに絞ったブランド集積の小型コンセプト業態を開発する。中国ではグローバル業態「ステュディオストウキョウ」を深圳に20年4月、北京は同9月に開店する。

(疋田優)

【関連記事】トウキョウベース20年2月期 主力業態で2ケタ成長へ

 ステュディオス国内事業は、来年から店舗数は維持・売り場大型化で、売り上げ2倍化を目指す。19年3~8月の売り上げは2.6%増で、プロパー販売徹底とMD修正能力は着実に伸びた。渋谷パルコ店も初日から3日間の合計売り上げは1900万円と高かったが、「2ケタ伸びるための攻めのネタ、コンテンツ、それを実行する人材がまだ弱い」(谷社長)とし、来期から取り扱いコンテンツの開拓や新業態開発、それに伴う人材育成を積極化する。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop