「ティファニー@キャットストリート」がオープン

2019/04/23 11:00 更新


Medium %e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

 ティファニー・ジャパンは19日、原宿のキャットストリートに、コンセプトショップ「ティファニー@キャットストリート」をオープンした。

【関連記事】ティファニー 原宿に日本初のコンセプトストア

 猫と@マークのオリジナルロゴ、電光メッセージの走る未来的なファサードをくぐると、右手には香水が購入できる自動販売機があり、吹き抜けからはティファニーハードウェアの特大チェーンとボールが下がる。6層、462平方メートルの店内には、ティファニーハードウェア、ティファニーTといったアイコン的なシリーズを中心としたコレクションが並ぶほか、ホームウェアも揃う。

 好きなチャームを選び、自身がiPadで書いたメッセージをその場で刻印できるパーソナライゼーションコーナーや、ジュエリーを自由に手に取って試着ができるスタイリングスタジオなど、体験型のコンテンツを盛り込み、日本初となるカフェも併設した。ティファニーブルーの空間の中で、ドーナツやコーヒーを楽しむことができる。

 同ショップは、ティファニージャパンからの発案による、世界初の試みとなるもの。ティファニー・ジャパンのダニエル・ペレル社長は、「日本は世界で最も洗練された都市であり、イノベーションへの理解と切望がある」として提案した。本国と密にコミュニケーションを取りながらオープンに至った。「既存の顧客はもちろんですが、特に、これまで私たちのショップに来たことのない新たなお客様に、ティファニーの世界を体験し、新たな発見をしていただきたい」とペレル社長。同店は3年間の期間限定店となるが、「盛況であれば、その後続く可能性もある」としている。

6層になった店内
ドリンクやフードはテイクアウトも可能
フォトスポットのあるフロア
ティファニーカラーのドーナツ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop