【記者の目】東海地区FB企業の人材育成 課題は新入社員教育

2020/05/12 14:58 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%ad%e3%83%92%e3%83%a8%e3%83%bc

 3月12日付の「名古屋・岐阜FB企業特集」では東海地区のアパレルメーカーや商社の人材育成に焦点を当てた。育成制度改革で効果を上げる企業がある一方で、思うような結果を得られないなど、人事や教育担当者の苦悩も垣間見えた。中でも新入社員教育が大きな課題になっている。

【関連記事】【記者の目】コロナ禍の国内縫製工場 操業危機を社会貢献へ

評価制度で離職率低減

 人材育成手法で目立ったのは、評価制度だ。クロスプラスは数年前に評価制度を刷新。従来より「仕事で結果を出した社員を公平に評価する」のが目的だ。結果だけでなく、実績に対してどうだったか、どんな行動をしたのかも評価対象にする。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定記者の目


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop