「テン」21年春夏 淡い色と布の動きで日常を彩る

2021/01/05 10:59 更新


Medium ten2021ss 04
綿ローンの2枚重ねのドレス(7万8000円)

 ファッションディレクターの萩原輝美が手掛ける「テン」の21年春夏は、日常を彩る心地良い服が揃う。「コロナを意識しない日はないですが、日常をうふふと楽しめるように」と、きれいな色や布の動きを重視した。柔らかい布が描くドレープや薄布の軽やかなライン。淡いブルーやラベンダー、レモンイエローといったパステルカラーがポイントになる。

【関連記事】「テン」20年秋冬 数量限定のクチュールライン

 肌ざわりの良い綿ローンを2枚重ねたドレスは、ふんわりエアリーなラインが特徴。白にオフホワイト、淡いブルーにブルーを重ねて、グラデーションのような優しい色の重なりを表現した。日常で活躍するスムースジャージーのドレスは、胸元でねじった布がドレープになって身頃に広がる。スーピマコットンのポンチで仕立てたTドレスは、白地にグレーのチュールを重ねて淡い色の感じを表現した。

 人気のシャンブレータフタのシリーズには、マーメイドスカートが新たに加わった。パフスリーブのブラウスとマーメイドスカートとのセットアップが新鮮だ。袖や裾がふんわりと膨らみ、フェミニンなスタイルが楽しめる。着心地は良いけれど、楽ちんな普段着ではなく、高揚感が感じられるデザインを目指したという。

 デニムのシリーズも素材はカジュアルだがあくまでもエレガント。袖口や裾にフリンジ状のブレードを飾ったデニムドレスは、前身頃の丈が少し短いので抜け感があった軽やか。デニムのジップアップブルゾンは、襟や裾のシャーリングを絞ると丸いフォルムになる。

シャンブレータフタのブラウス(5万8000円)とマーメイドスカート(5万5000円)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop