「テン」20年秋冬 数量限定のクチュールライン

2020/06/12 10:58 更新


Medium ten2020aw 01

 ファッションディレクターの萩原輝美が手掛けるレディスブランド「テン」の20年秋冬は、希少な生地やデットストックのブレードを使った限定商品が目を引く。

 その一つとして、数量限定のクチュールライン「テンクチュール」をスタートした。秋冬は、毛足の長いフィルクーペ(カットジャカード)のロングギャザースカートを作った。たくさんの糸が重なって軽やかな量感を描くスカートで、優雅な雰囲気が漂う。こだわりのオリジナル素材を使って、10点限定で作る。毛足の長い生地なので、脇線を縫うのは工場泣かせだったという。ブラウン、カーキ、グリーンの迷彩色のミックスと、ブルーのグラデーションの2種類揃う。

 ツイードやデニムのノーカラージャケットは、デッドストックのブレードのトリミングがポイント。オーダーメイドのブレードメーカーで見つけたブレードをアップサイクルしている。単品提案だが、ギャザースカートとセットアップにもなる。

 秋冬は、軽やかなアウターも充実する。力を入れたのは、コート感覚のジャケット。少しバルーンがかったノーカラージャケットは、テディーベアのようにもこもことしたネイビーと、柔らかなウールのモーブやイエローなど、カラーバリエーションが揃う。

 定番のダブルフェイスのコートには、継続のVネックタイプに加えて、胸元を閉じることができるノーカラータイプを新たに作った。カシミヤだけでなく、タスマニアウールなど素材バリエーションも広がった。

 いずれも秋冬のキーカラーはネイビーとカーキ。ラベンダーやイエローが差し色になっている。ボーブラウスやドレスも同様で、カラーコーディネートしやすい。

20年秋冬コレクション

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop