ジーンズカジュアル定店観測12月 依然鈍いアウター

2019/12/20 06:27 更新有料会員限定


Medium %e3%83%a1%e3%82%bd%e3%83%83%e3%83%89

 冬物の売れ行きが悪い。ジーンズカジュアル専門店の12月15日定店観測は、前月に比べるとトップ、ボトムともに販売点数を伸ばしたが、前年同月からは大きく落とした。12月に入り、ようやくアウターが売れてきたものの、例年に比べると鈍い。観測日は天候こそ良かったものの、多くの店で売り上げが前年同月を下回った。

【関連記事】ジーンズカジュアル定店観測11月 アウターの動き活発に

■レザーアウター浮上

 動きが悪いながらも、アウターの売れ筋に傾向が見られた。MA-1やN-3Bなど定番のミリタリー系に加え、今年はレザーが良い。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop