ジーンズカジュアル定店観測11月 アウターの動き活発に

2019/11/15 06:26 更新有料会員限定


Medium %e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba %e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%aa%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc

 ジーンズカジュアル専門店の11月10日定店観測は、気温がようやく下がり始めたこともあり、アウターの動きが活発になった。ただ、ダウンジャケットをはじめとした防寒物は人気ブランドは動いているものの、それ以外はまだ動きが本格化していない。

 ボトムは全体的に動いているが、ジーンズ、裏フリースの暖かいタイプなど、店によって動きが様々な状況だ。

【関連記事】ジーンズカジュアル定店観測10月 トップはプルパーカ根強く

◆ダウンはブランド目当て

 アウターは、「スイングトップ、厚手ミリタリーシャツなど1枚の羽織り物の試着が多く売れた」(ヒノヤ)、「ミリタリー、アウトドア系のメンズアウターに動きが見られる」(アメリカ屋)などの声がある。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop