ジョナサン・アドラー(杉本佳子)

2013/09/06 00:00 更新


Medium %e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%82 %e9%99%b6%e5%99%a8%e3%82%92%e3%81%86%e3%81%be%e3%81%8f%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc

 ジョナサン・アドラーといえば、元々陶芸家としてスタートし、その後インテリア雑貨に広げていったデザイナーとして、またバーニーズの著名なウインドードレッサーで現クリエイティブアンバサダー・アット・ラージのサイモン・ドゥーナンの長年のパートナーとして知られる。

 そのジョナサンがファッションアクセサリーにも手を広げていて、この夏、ウエストビレッジの直営店をアクセサリーストアに改装した。



グリニッジアベニュー沿いにある店の外観


 ソファーやクッション、コーヒーテーブルが所狭しと置かれた店内は、楽しいリビングルーム風。バッグ、スカーフ、ネクタイとウイットのきいた陶器をミックスしたディスプレイも、ジョナサンだからこそできる演出だ。



ユーモラスでハッピーなテーストで統一された店内


ネクタイも、陶器をうまく使ってディスプレー


唇のついた花瓶と蛇のついたミニショルダーがさりげなく並ぶ


 「デザインに関してはミニマリストだけど、リテールにおいてはマキシマリストなんだ。店に入ってきたお客さんには、色と柄とビジュアルなエキサイトメントを見てほしい」と言うジョナサン。



奥には、食器や写真立てキャンドルなどの小物を置いたギフトバーがある。スカイブルーの日よけが楽しい


 何故ファッションアクセサリーをデザインするようになったのか聞くと、「僕は何かデザインしていないとハッピーじゃないんだ。つくればつくるほど、もっとつくりたくなる。ファッションアクセサリーは、僕の好きな色やプリント、アイコンをのせるパーフェクトなキャンバスなんだよ」という答えが返ってきた。

 現在の売れ筋は、メタルの蛇のモチーフをのせたミニショルダー、ジオメトリックプリントのトート、馬のモチーフをジオメトリック柄にのせたトート。生産はリー&ファンが手がけている。



売れ筋のトート


メガネケースも楽しくてポップな柄がいっぱい


 今秋、ニュージャージー州ショートヒルズとカリフォルニア州サンタモニカにもアクセサリーストアをオープンし、今後5年間で全米にアクセサリーストアを広げていく構えだ。今秋はメンズソックスも加わり、来春はレッグウエアをさらに拡大する予定という。



89年秋以来、繊研新聞ニューヨーク通信員としてファッション、ファッションビジネス、小売ビジネスについて執筆してきました。2013 年春に始めたダイエットで20代の頃の体重に落とし、美容食の研究も開始。でも知的好奇心が邪魔をして(!?)つい夜更かししてしまい、美肌効果のほどはビミョウ。そんな私の食指が動いたネタを、ランダムに紹介していきます。また、美容食の研究も始めました(ブログはこちらからどうぞ

関連キーワードレポートプラス


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop