増収増益続くしまむら 「気温に左右されない」で成果 優位性維持し単価引き上げ

2024/01/09 07:59 更新有料会員限定


「ファッションセンターしまむら」はPBで高価格帯商品を充実する

 しまむらの好業績が続いている。23年3~11月連結決算は、売上高4796億円(前年同期比3.4%増)、営業利益456億円(2.5%増)と過去最高になった。残暑などに悩まされた9~11月も増収増益だった。一品単価を引き上げながら客数の減少を抑えており、リボーン(再生)を掲げ今期を最終年度とする3カ年計画で進めてきた改革の成果が表れてきた。

(吉野光太朗)

【関連記事】しまむら、もう一格上のPB発売 客単価上げへ挑む

 主力の「ファッションセンターしまむら」の既存店売上高は9~11月が1.1%増で、3~11月は4.1%増となった。

 残暑で秋物を売る期間が限られ、重衣料の立ち上がりが遅れたが、期初の商品投入をかつての7、8割に抑え、期中に様子を見ながら追加する手法を整えており、天候に対応できるようになった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事