シェア・レンタルの新サービスが続々登場

2019/05/22 06:30 更新


Medium %e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96 %e7%94%bb%e9%9d%a2

■青山商事

アイテム広げてパーティードレスも

 青山商事はパーティードレスのレンタルサービスを「洋服の青山」とオンラインストアで開始した。16年に開始したモーニングコートのレンタルサービス以来、扱いアイテムを順次拡大してきた。

 レンタルサービスは、ここ数年のシェアリング志向の高まりとともに、利便性の良さなどから18年度は売上高が前年比30%増と堅調だった。オケージョン需要の取り込みをさらに強化するため、新たにパーティードレスを加えた。

 友人の結婚式などで着用するパーティードレスとして、ワンピース7型を用意した。袖フリル(3型、3色)、ツーウェーシフォンボレロ付き(2型、2色)、ツーウェーラップスカート付きレース(2型、2色)。7~13号の4サイズ。価格は6000円と8000円。

 予約は商品受け取りの90~14日前に可能、レンタル期間は4泊5日。使用後のクリーニングは不要で返却するだけ。

ツーウェーシフォンボレロ付きパーティードレス

■東京ソワール

表参道に直営店 自社ECも開始

 レディスフォーマルウェアメーカーの東京ソワールは30日、レンタル事業の直営店「東京ソワールレンタルドレス」表参道店を、東京・神宮前の東京ソワール表参道ビル地下1階に出店する。レンタルドレスショップとしては新宿マルイ本館に続く2店目で直営店としては初。自社ECでも30日から同サービスを開始する。

 フォーマル専業メーカーならではの、7~19号の幅広いサイズ、正礼装やロングドレスまで揃える品揃えと、フォーマルの知識を持つスタッフによる接客を強みとする。レンタル料金(4泊5日、クリーニング料・配送料込み)はカラーフォーマルウェア7000円から、アクセサリー1000円から。店頭受け取り・返却の場合は1000円値引きする。直営店と自社ECでは、気に入った商品は購入することもできる。

予約なしで気軽に来店できる

■アダストリア

月額制の「キッズローブ」で正式版

 アダストリアは16日、子供服のシェアリングプラットフォーム「キッズローブ」の正式版をスタートした。

 18年9月にベータ版を出しており、ユーザーからの要望を踏まえてさまざまな機能を改善した。

 キッズローブは、サイズアウトなどの理由で着なくなった子供服をほかのユーザーとシェアしたり、逆にほかのユーザーの子供服を利用できる。売買ではなく月額制。

 家庭内の服をより簡単にシェアしてもらえるよう、正式版では指定の袋に入れて集荷依頼するだけに改善した。服の対象サイズは80~160センチ(従来は140センチまで)に拡大し、アイテム検索機能も強化した。月額利用料は税込み980円。

 キッズローブの認知を広めるため、マルイファミリー溝口の2階イベントスペースで、シェアやレンタルを体験できる期間限定店を開いている。30日まで。

専用アプリとウェブ版がある「キッズローブ」

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop