SCテナントの専門店、売り上げ回復 郊外で〝特需〟つかむ

2020/06/22 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af  1

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛が明けて約3週間、SCを主力立地とするファッション専門店では、客足が戻って売り上げの回復が目立つ。6月の売上高が前年超えで推移するショップ・ブランドは、地域住民が日常使いする中小郊外SC店で「コロナ明け特需」をつかむ。

 自粛期間中は売り上げが大きく落ち込み、先行きが危惧されたアパレル販売だが、低中価格のカジュアル分野では早期の回復に手応えをつかむ店が多い。一方、都心立地にはまだ客足が戻っていないため、秋冬販売は厳しく見積もっている。

(疋田優、友森克樹)

【関連記事】売り場観測・専門店レディス6月 夏物売れ始める

 SCを主戦場にする低中価格帯カジュアルテイストのショップ・ブランドは「営業再開後すぐに郊外SCで売り上げが戻って安堵(あんど)した」と口を揃える。

■商品足りない店も

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop