後輩に説明したい英略語‐1 SPA、正しく言える?

2017/11/04 04:30 更新


Medium shutterstock 1467016071

 ファッションビジネス業界の基礎知識解説です。今回は、後輩に尋ねられて、語ることができれば少し尊敬されるような英略語を集めてみました。でも、ある程度のベテランなら常識ですよね。正確にいくつ知っているのか、実力をチェックしてみましょう。

■SPAとは?

 1980年代に米国のカジュアル専門店チェーン、ギャップ(GAP)が自分たちを「スペシャリティー・ストア・リテーラー・オブ・プライベート・レーベル・アパレル」と言い出しました。その頭文字がSPAです。訳すと、独自のブランドを販売する衣料品専門店です。

最初に使いだしたのはあのギャップ(chrisdorney / Shutterstock.com)

 「製造小売業」とも言われるのは、小売業でありながら、販売する商品を自分たちで製造するからです。店の看板と同じブランドの商品だけが並び、タグにその会社が製造元として記載されていたらその店はSPAです。

タグを見てみよう

 普通の衣料品小売店は、衣料品メーカーが作った商品を仕入れ、メーカーのブランドで販売します。場合によっては売れ残った商品を返品することもあります。SPAは自社ブランドを製造し、販売するのですから、売れ残っても返品できません。残らないように何が売れるのかを高い精度で予測したり、売れ行きの鈍い商品は修正したり、売れる店に転送したり、そんなシステムも必要です。

 しかし一番大切なことは、競争力のある商品を作れることです。ただ、製造小売業とはいえ、自前の生産設備を持っていないSPAもたくさんあります。製造機能を外部に委託するのですから、どのようなパートナーとどう取り組むのかがSPA事業のポイントです。

物作りパートナーの存在が大切

 日本の代表的なSPAは「ユニクロ」や「無印良品」「グローバルワーク」のアダストリアなど、世界ではギャップのほか「ザラ(ZARA)」を展開するスペインのインディテックスグループやスウェーデンの「H&M」などがよく知られています。


「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop