後輩に説明したい英略語‐3 GMSは●●を売る店

2017/11/11 04:30 更新


Medium shutterstock 395684308

ファッションビジネス業界の基礎知識解説です。今回は少し応用編です。尋ねられて、語ることができれば後輩から尊敬されるような英略語を集めてみました。でも、ある程度のベテランなら常識ですよね。正確にいくつ知っているのか、実力をチェックしてみましょう。

GMSとは?

Gはゼネラル、Mはマーチャンダイジング、Sはストア。つまり何でも売ってる店です。アメリカで生まれ発展し、日本では「総合小売業」と紹介されています。

衣食住が揃っていますが、百貨店はGMSとは呼びません。セルフ販売が基本で、価格も抑えており、食料品から衣料品、家庭用品まで販売しています。総合スーパーといったほうが分かりやすいでしょうね。

Gはゼネラル、Mはマーチャンダイジング、Sはストア。つまり何でも売ってる店

SC(ショッピングセンター)は建物に多くの業種の店が入っていますが、GMSは1店で何でも揃います。SCの核店舗にGMSが入居していることもよくあります。

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop