PVパリ25~26年秋冬出展の日本企業 〝ほかに無い〟で存在感

2024/07/09 06:29 更新有料会員限定


ニドムバイオ加工した超高密度の綿シルク二重織(ダイショーファッションテキスタイル)

 7月4日に閉幕したPV(プルミエール・ヴィジョン)パリには、日本から27社(海外法人による参加を除く)が出展した。昨年7月展よりも総出展社数が減少し来場者数も少なかったが、幅広い国・地域からの来場があり、新規顧客開拓につながったという声も聞かれた。

(三冨裕騎)

【関連記事】PVパリ25~26年秋冬 ジャカードや大判プリントでインパクト

 パリ五輪直前というタイミングでの開催となった今回。来場者数の減少に加え「ラグジュアリーブランドの来場が少なかった」など来場客層の変化への指摘もあったが、「前回よりも実際にブースを訪れた人は多かった」「欧州中心に北米、中国、韓国など幅広い国からの来場があり、新規開拓にはつながった」と、商談への手応えを口にする企業もあった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約いただくと続きを読むことができます。

すべての記事が読み放題の「繊研電子版」
単体プランならご契約当月末まで無料!

今すぐ登録する

今すぐ登録する

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事