プリント工場のケイズクラフト 雑居ビルの一室から全国へ 地道さで取引先との信頼築く

2021/03/03 06:27 更新有料会員限定


Medium ks

 ケイズクラフトは子供服や学校のユニフォームなどのプリントを行う。作業人数は3人とかなり小規模だが、取引先に全国の有力百貨店などに出店する子供服ブランド「KP」のニットプランナーを持つ実力派だ。KPは「店頭のスタッフとお客が毎年楽しみにしている」というオリジナルのイラストが特徴の一つで、ブランドらしい優しい風合いは長年の付き合いのもと「感覚的に理解し、的確な色出しと絶妙なニュアンスを表現してくれる」といい、評価されている。

 ケイズクラフトは東京スカイツリーからほど近くの雑居ビルの一室にひっそりと工場を構える。中には20台のプリント台が並び、毛塚俊二社長を入れて3人が作業している。創業時から取引しているKPの服のプリントがここでされていることに驚くほど小さな工場だ。

55平方メートルほどの部屋に作業台が20ある

■地域との交流深く

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ものづくり最前線


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop