「パーリーゲイツ」 ワコールの「CW-X」と協業

2019/12/24 06:30 更新


Medium %e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e8%89%b2%e3%81%ab%e6%9f%93%e3%82%81%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%9f%e5%8d%94%e6%a5%ad%e5%93%81

 TSIグルーヴアンドスポーツのゴルフアパレル「パーリーゲイツ」が、ワコールのコンプレッションウェア「CW-X」と協業した。定番のタイツや肩甲骨の可動域を広げるトップなどに、パーリーらしい色柄を採用し、従来のイメージを覆す。発売は20年4月中旬。パーリーゲイツ直営店と自社EC、ワコールの公式通販で販売する。

【関連記事】ワコール海外事業 ミレニアル世代の取り込み本格化

 ウェアで協業したのは5型。パーリーの象徴色であるネイビーをベースに、それぞれのブランドロゴを大きく配置したり、ブランド定番のカムフラージュ柄を全面に取り入れたりする。CW-Xのロゴの大きさは、ブランドの規定より大きいが、今回は特別に外れたという。価格は通常より3~4割ほど高め。

パーリーらしいカムフラや総柄のデザインも採用

 ワコールホールディングスは、ゴルフウェアに強いデサントと包括的業務提携を結ぶが、今回の協業はパーリー側からの強いオファーで実現した。

 岡田浩治事業部長は「我々はデザインのプロとして自負があるが、本格的な機能性となると弱い。長年、人間工学に基づく研究をされているワコールと一緒に取り組むことで、魅力的な商品が作れると思った」と話す。

定番をパーリーの象徴色であるネイビーに染め、ブランドロゴも大きめに配置した

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop