「パスカル・マリエ・デマレ」 商品の背景を丁寧に伝える

2020/03/26 06:27 更新


Medium %e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a8  1

 モデルでデザイナーのマリエさんによる「パスカル・マリエ・デマレ」はサステイナブル(持続可能)な物作りとともに、工程や素材の背景を伝えることを重視している。3月に開いた展示会では、白いTシャツのボディーに素材や物作りの背景を説明したメッセージを載せて展示した。

◇身に着ける意味

 「ブランドを立ち上げて3年目に入り、売れる商品も見えてきた」とマリエさん。SNSで商品の背景にあるストーリーを伝えると売れるという。「もう戦争はいらない」というメッセージとともに作る軍服の古着をアップサイクルした巾着ポーチは毎日のように注文が入り、生産が間に合わないほどの人気商品だ。「見た目ではなく、身に着ける意味やお金を払う価値を探しているのでは」とみる。

軍服をアップサイクルして作ったポーチ

◇野生の鹿革で雑貨

 3月の展示会で好評だったファーのボストンバッグは、中国のファー工場から出た端材をパッチワークしたもので、裏地にはウェットスーツの端材を使った。金属パーツ以外はすべて残反や端材で作っている。「廃棄されるはずだった材料を使っても、誰が見ても高級バッグに見えるクオリティー」を目指した。また、野生の鹿革を使った雑貨の開発も始めている。「野生だから傷もあるが、それも格好良い。美しさの定義を変えていきたい」。今後、鹿の角の再利用も計画している。

 夏物では、日本環境設計の再生素材「ブリング」やオーガニックコットンを使ったレディスウェアなども発売する。

 パスカル・マリエ・デマレはバーニーズやロイヤルフラッシュなどセレクトショップ・専門店への卸売りのほか、定番商品は自社オンラインショップで販売している。

展示会ではTシャツのボディーに素材や商品作りの背景を伝えるメッセージを記して展示した
端材から作ったファーのバッグ8万2000円、オーガニックコットンのオフショルダードレス3万8500円

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop