16年春夏パリ・コレクション6

2015/10/07 06:31 更新


Medium sakai

《16年春夏パリ・コレクション》 ラインを強調してクリーン

 【パリ=小笠原拓郎、青木規子】16年春夏パリ・コレクションに、トリミングやパイピングといったラインを強調するディテールが広がっている。ダーツや切り替えのラインを黒やネオンカラーで際立たせることで、色柄をミックスした複雑なスタイルをクリーンに見せる効果がある。花柄の刺繍を黒く縁取ったり、アコーディオンプリーツの谷側だけ染めたりするデザインも多い。


透ける素材とプリントで軽やかにステップアップ/サカイ

 サカイがぐっと軽くなった。得意のミックススタイルをベースにしながらも、レースやシフォンと鮮やかなプリント柄をアシンメトリーに重ねて、ステップアップしたサカイを印象付けた。冒頭に登場したのは、フィフティーズのプリント柄のようなイラストで描く建物の柄。どこかの観光地のイラストのような楽しげな具象柄とレースを組み合わせながら、テープ状の布でセットアップやドレスに仕立てる。

 バンダナ柄を刺繍したシフォンのバリエーションは、カジュアルとフェミニンのバランスが秀逸。ネービーと白、黒白にネオンイエローといった色合わせでクリーンに仕上げる。布が重なるなかで、肩のスラッシュや背中のカットアウトからは肌がのぞき、繊細なランジェリードレスが透けて見える。タンクドレスのネックラインや脇からはシフォンのインナーがふわりと飛び出す。プリント生地をはぎ合わせたボーダー柄、スタッズで描くペーズリーなど手の込んだ柄も多い。ビジネスが順調に拡大する中で、クリエーションにも遊びと余裕が感じられる。

Sacai Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015 Sacai Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015 Sacai Paris RTW Spring Summer 2016 September-October 2015

 ステラ・マッカートニーは軽やかな色と柄で遊んだ。最初は鮮やかなチェック柄のポロドレス。前立て部分が斜めにずれて、チェック柄もゆがんだような柄となる。そのポロドレスのチェック柄のピッチが変化して透け感が強調されると、次第にストライプ柄に見えてくる。ポロニットとともに春夏のキー素材となるのがプリーツ。

 プリーツと山と谷の部分の色を変えて、アシンメトリーにレイヤードすることで、縦のラインに軽やかな色の動きを加えていく。ショーの後半は渦巻きのような曲線的なモチーフをテープ刺繍で描いたもの。セットアップやタンクドレスにグラフィカルな柄を刺繍する。透け感のドレスもグラフィカルな曲線柄をアシンメトリーなラインにのせた。(写真=大原広和)

stella_mccartney_ss16_0039 stella_mccartney_ss16_0264 stella_mccartney_ss16_0637

続きは繊研新聞で

「16年春夏繊研レディストレンドセミナー」お申込みを受付中


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop