アウトドア企業の「地方創生」加速 自然が観光資源

2020/08/13 06:29 更新会員限定


Medium %e5%87%ba%e7%a8%bf%e7%94%a8 %e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e7%99%bd%e9%a6%ac%e5%a4%96%e8%a6%b3

 アウトドア企業による「地方創生」事業が加速している。豊かな自然をアウトドア資源として生まれ変わらせ、関係・交流人口を増やし、地方経済の活性化を目指す。アウトドア企業が持つ知見や集客力を生かし、〝地域おこし〟に味方している。

(杉江潤平)

【関連記事】活況!キャンプ用品市場 ピーク時に迫る勢い

企業村民として

 スノーピークは7月23日、長野県白馬村に体験型複合施設「スノーピークランドステーション白馬」(LSH、敷地面積約9200平方メートル、建築面積約1400平方メートル)を本格開業した。国内最大級の直営店やレストラン、コーヒー店、観光案内所を導入。施設横には、キャンプサイトと建築家・隈研吾氏によるトレーラーハウス「住箱」を設け、宿泊サービスも提供する。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop