「オーディナリーフィッツ」20年春夏 素材から差別化

2019/10/16 11:00 更新


Medium %e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba %e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84

 ジーンズカジュアルメーカー、ヤード(岡山県倉敷市)はメンズ・レディスウェアの「オーディナリーフィッツ」20年春夏物で、素材からの差別化を強化する。デニムをはじめとしたオリジナル素材の活用を進め、主力アイテムや新アイテムで提案を広げる。

 オリジナル素材の一つ、10オンスのシャンブレーは、経糸にロープ染色のインディゴやブラック、緯糸に特別な染色をしたグレーを採用して色に深みを出した。シャツに使われることが多い素材だが、糸の番手を工夫し、パンツの素材として活用する。

 主力アイテムである、ふっくらした円形シルエットのボールパンツのほか、円形の広がりを抑えて男性も取り入れやすくした新シルエット(ナロー)のボールパンツにも採用する。女性向けに、丸みのあるシルエットが特徴のボールスカートも作った。パンツ1万4000円、スカート1万7000円。

 少し淡いインディゴ色の経糸と、ネップを少し残してスレン染料でグレーに染めた緯糸を、あえてアンバランスに織り上げて凹凸感や軽さを出したオリジナルの8オンスデニムでは、ペインターパンツを用意した。ワンウォッシュで1万7000円。

 経糸に落ち綿を使って自然な風合いのネップを生かした12オンスのオリジナルデニムを使い、ゆったりしたシルエットのジーンズや、細身のトラウザータイプのジーンズも販売する。デニムは打ち込み本数を減らすなど柔らかく膨らみのある手織り風の風合いが特徴で、後ろにゴムを入れてリラックスしたはき心地にした。

 インディゴのワンウォッシュと生成りのジーンズ1万5000円、トラウザータイプ1万7000円。インディゴのユーズド加工したものは、それぞれ2000円高くなる。

 デニムやシャンブレーのほか、差別化として製品染めも活用する。

丸みのあるシルエットのボールスカートに、手織り風の柔らかいデニムのベースボールジャケットを合わせたスタイリング
オリジナルの8オンスデニムを使ったペインターパンツ

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop