開発総合支援企業の日南がアパレル事業に参入 今春夏からレディスブランド「リツ」を立ち上げ

2022/01/11 06:29 更新有料会員限定


Medium ritsu film 25
異業種のアパレル参入で、社内も盛り上がる

 開発総合支援企業として工業用試作モデルが主力の日南(神奈川県綾瀬市)がアパレル事業に参入する。レディスブランド「リツ」を立ち上げ、22年春夏から販売する。猿渡義市取締役デザイン本部長は「物作りで培った高い技術力とクオリティーを融合させ、新しい魅力を提案する」。業界を外から見た異業種だから「違う視点のアプローチができる」ともいう。そのためにアパレル事業部を新設。これまでのBtoB(企業間取引)中心の事業から、消費者と直接に接するBtoC(企業対消費者取引)の新事業で社内の活性化にもつながっている。

(古川伸広)

 リツはボーホーシック(ボヘミアンとニューヨークのソーホーのミックススタイル)をエレガントに昇華させ、まとった人がロマンティックな抽象画に溶け込むような雰囲気を提案する。デザインを担当する堀江りつさんは「日本市場に少ないボーホーシックスタイルを都会的で手に取りやすいデザインに落とし込み表現した」という。オリジナルレース使いや体のラインをきれいにみせるシルエット、ディテールににこだわったアイテムを打ち出している。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop