「JWアンダーソン」 SNSでQ&A企画を開始

2020/04/04 16:10 更新


 「JWアンダーソン」は、ブランドにまつわる友人やコラボレーターを迎えてソーシャルメディア(インスタグラム、フェイスブック、ツイッター)を通してQ&A企画を始める。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、世界中の人々が孤立を余儀なくされるなかで、クリエイティビティーを生み出し続ける取り組みと位置付ける。

【関連記事】【新型コロナウイルス情報】仏企業の支援続く

 最初のゲストは、著名なフォトグラファー兼フィルムメーカーのタイラー・ミッチェル氏。ミッチェル氏はブランドのキャンペーンを2回手掛けており、今回はSNSを通してブランドのファンからの質問に答える。質問は前述のSNSで受け付ける。質問はテキスト、音声、動画のいずれでも可能。寄せられた質問には、ミッチェル氏がビデオで返答する。

 今後は、ファッションジャーナリストのティム・ブランクス氏や、ニューヨークを拠点とするトランスジェンダーのアーティスト、ジャスティン・ヴィヴィアン・ボンド氏をゲストとして迎える。週に1回のペースで回答する予定。他のゲストも順次発表する。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop