全米小売業大会、6月もオンライン開催へ

2021/01/20 14:33 更新


 【ニューヨーク=杉本佳子通信員】全米小売業協会は、6月初めにジェイコブジャビッツコンベンションセンターで予定していた全米小売業大会のチャプター2を、現在オンラインで開催しているチャプター1同様、オンライン開催に変更すると発表した。昨年まで会場として使用してきたジェイコブジャビッツコンベンションセンターは現在、コロナワクチンの接種会場に使われている。全米小売業協会は、夏の間もその状況が続くと予想してリアル開催の中止を決めた。

【関連記事】全米小売業大会 来年は6月に開催

 ニューヨークでは65歳以上を対象としたワクチン接種が始まったが、その後まもなくワクチンが足りなくて接種の予約を受け付けられない会場が出る事態となっている。ニューヨークのクオモ州知事は、州内に現在1200カ所の接種所があり、数週間後にはこの数を5000カ所にすることが可能と1月19日の記者会見で語った。ディストリビューションシステムはできているがワクチンが足りない、連邦政府及び製薬会社と話し合っていると説明した。ワクチン接種がいきわたるには、時間がかかりそうだ。

関連キーワード新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop