「ナノ・ユニバース」が「フルカイテン」導入

2022/05/16 06:25 更新


 フルカイテンが提供する在庫分析クラウドサービス「フルカイテン・バージョン3」が、TSIホールディングス(HD)の主力ブランド「ナノ・ユニバース」に導入された。フルカイテンのクラウドサービスは、在庫分析のDX(デジタルトランスフォーメーション)を通じて「在庫を粗利益に変えるツール」(フルカイテン)。TSIHDは、同クラウドサービスを活用してプロパー消化率向上や、値引き抑制、客単価の向上などを図る。両社は今後、具体的な粗利益改善目標を策定し、そのプロジェクトを推進する。

【関連記事】フルカイテンとプレイド システム連携で小売り向けのサービス開発へ

 ナノ・ユニバースはTSIHDの主力ブランドであり、実店舗数が多く、ECも公式サイトや複数のモールなど、販路が多岐にわたっている。そのために、いくつかの課題を抱えていた。具体的には①販売消化の予算と実績を重視するあまり、きめ細かい値引き抑制策に課題がある②粗利益に貢献する商品に対する販促強化の必要性③店舗ごとに売り上げや粗利益を最大化させるための在庫移動など。

 ナノ・ユニバースは、フルカイテン・バージョン3によって在庫分析のDX化を行うことで、これらの課題を解決できると判断し、導入を決めた。

関連キーワードデジタル


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop