「マウジー」 環境配慮素材でエイジレスな新ライン

2020/11/12 06:28 更新


Medium %e3%83%90%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%89 %e3%82%a8%e3%83%a0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc   1
オープンカラードレス

 バロックジャパンリミテッドは11月12日、主力レディスブランド「マウジー」から新ライン「M_」(エムアンダーバー)を販売する。環境に配慮した素材を使い、人と地球に優しく、幅広い年齢が着られる、モード感ある日常服を提案する。コンセプトは「着ることで優しくなれる服」。

【関連記事】バロック「エンフォルド」「ナゴンスタンス」21年春夏

 デビューとなる今冬物は、再生ポリエステルを使ったニットトップ、オーガニックコットンのシャツやドレス、「テンセル」やトレーサビリティー(履歴管理)レーヨン「エコヴェロ」の商品10型を投入する。ニットトップ7500円、リブニットスカート8000円、オープンカラードレス1万4800円。

 販路はマウジーと「シェルター」国内全店。自社EC「シェルターウェブストア」では11月2日から予約受け付けを開始した。

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop