「ミヤオ」 黒をメインカラーにエレガンスへ傾倒

2019/04/19 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2019 04 18t180103.980

 「ミヤオ」(宮尾史郎)は19~20年秋冬、黒をメインカラーにしてエレガントな方向へとシフトした。パターンにこだわりながらシンプルに仕上げるのが、この間のミヤオのスタイル。そのシンプルな部分は残しながらも、リアルクローズのイメージよりもクラシカルなエレガンスを感じさせる。つややかなキュプラや綿別珍といった素材使いもエレガントなムードを強調する。

【関連記事】「ミヤオ」19SS 繊細な花柄と直線の布で描くカジュアル

 襟がショールのようにドレープを作るウールビーバーのコートやジャケットは、ミヤオらしいシンプルなカットだが着方によっていろいろなドレープを楽しめる。そこにボウブラウスを合わせることで、どこかきりりとしたムードを作る。ふんわりと膨らんだチューブトップをトップの上に重ねて、ドレープ感のあるブラトップとして造形的なシルエットを作る。ウールメルトンモッサのコートは、大きな襟でどこかガーリーな印象。

 価格はウールビーバーのジャケット6万2000円、綿ブロードのボウブラウス2万1000円、ウールストライプのペプラムディテールのスカート4万7000円、ブラトップ3万円。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop