マッシュの「セルフォード」、発売初日に女性が殺到

2018/02/23 15:46 更新


Medium %e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89 %e5%ba%97%e8%88%97
アーチ状の内装などで高級感を演出する

 マッシュスタイルラボは23日、ドレスを軸とした新レディスブランド「セルフォード」の1号店を新宿ルミネ・ルミネ1の2階にオープンした。初日は30~40代を中心に多くの女性が詰めかけ店内は午前中から大混雑となった。

【関連記事】マッシュ「セルフォード」 初日はEC含め933万円

 セルフォードはパーティーや子供の行事などさまざまなオケージョンに対応したドレスが1万円台から揃う。事前の雑誌掲載でも反響があり、開店時刻に合わせて多くの女性が来店。面積約100平方メートルほどの店内はお客でいっぱいとなり、試着室やレジも混み合った。

ドレスなどを買いに女性客が詰め掛けた

 店内は、大切なシーンで着る服を選ぶ店にふさわしい特別感を演出している。宮殿のようなアーチ状の壁面デザイン、シャンデリア、ショーケースに飾られたシューズやアクセサリーなど高級感ある空間ながら、商品価格は手頃という意外性もポイントだ。「シンプルなのに見たことのない内装にしたかった」と近藤広幸社長。

 三面鏡をイメージしたラックには、ハンガーに掛けた状態でも美しく見えるようこだわったドレスやスカート、ブラウスなどが並ぶ。買い物をゆったり楽しんでもらえるよう店の奥には椅子とテーブルを置き、着用シーンなど丁寧なヒアリングを行い商品を提案する。試着室も広く取った。

 23日にECもスタートした。春はJR名古屋高島屋、阪急うめだ本店、表参道ヒルズにも出店する。以降も、高級感あるファッションビルや百貨店中心に出店する方針だ。

ハンガーに掛かった状態でも商品が美しく見えるようこだわった

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop