丸井グループ 渋谷マルイを8月28日に一時休業、新商業施設に建て替え 26年に開業予定

2022/05/27 15:52 更新


 丸井グループは東京・渋谷の渋谷マルイを8月28日に一時休業し、建物を解体した上で新たな商業施設に建て替えると発表した。新商業施設は「日本初の木造商業施設」とし、26年の開業を予定する。

 新施設は地下2階~地上9階で、売り場面積は2800平方メートル。設計会社に英国フォスターアンドパートナーズを起用する。構造の約60%に木材を使用し、建築工事の過程での二酸化炭素の排出量を鉄骨造りに比べて削減する。建物完成後も環境に配慮し、再生可能エネルギー由来の電力を使用するなど「サステイナブル(持続可能)な施設」を目指す。

 渋谷マルイは71年に開業、丸井の旗艦店の一つとして、80年代から00年代前半は「トレンドファッションを提案」し、ここ数年はアニメコンテンツの提案を強化するなど「お客のニーズに合わせて変化してきた」。

 今回の建て替えは「今後も様々なニーズに対応していくための土台作り」という。新施設はグループの方針の一つである「『将来世代の未来を共に創る』取り組みを象徴する店舗」を目指す。なお、建て替え工事期間中も近接する同社運営の渋谷モディは営業を継続する。


Bnr counter agreement cp
Bnr denshiban cp

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop